ネックレスを付けて女子力をあげよう|可愛いを演出するには

実際に見るのが重要

用途も考慮しましょう

レディ

祝い事や感謝の気持ちなどで女性にネックレスをプレゼントしようと思っていませんか。ネックレスは身に着けるだけで高級感や清らかな印象を与えるため、ちょっとした外出時のオシャレアイテムとして人気となっており、女性にも喜ばれる贈り物となっています。プレゼントするネックレスを選ぶ場合、実物をよく見て確認することが重要と言われています。通販では実物の輝きの強さや衣服との組み合わせが確認しにくいため、予想とは違ったものを購入してしまう恐れがあります。そのため、プレゼントするネックレスの購入はアクセサリー専門店に行き、実物をよく確かめてから購入するのが良いでしょう。また、ネックレスには使われている材料などによってたくさんの種類があり、それぞれ適した場面などが想定されています。冠婚葬祭などの式典で使用されるネックレスは、真珠を用いたパールネックレスが一般的となっています。そのため、普段の生活で用いるのは難しいと言われているため、日頃のオシャレで使用できる貴金属でできたネックレスをプレゼントするのがオススメです。ネックレス選びで特に注意すべき点として、派手すぎない物を選ぶことが挙げられます。宝石の輝きが強い物や高級な物であると、喜ばれないことが多くあります。そのため、宝石がワンポイントで使用されたオシャレな物を選ぶようにし、自分の予算内で十分に済ませられるような物を選ぶようにすることが重要であると言えるでしょう。

長さや装飾で印象が変わる

装飾品

ネックレスは身に着けるだけで首まわりが華やかになり、全体のファッションの雰囲気を変えることのできるアイテムです。シンプルなトップスでもネックレスをひとつ着けることで、おしゃれ上級者のような着こなしになります。ネックレスにはさまざまな種類があり、長さや装飾品によって呼び名が異なります。身に着ける洋服のデザインによって変えると、ネックレスをより美しく際立たせることができます。チョーカーは長さが約35〜40センチのもので、犬の首輪のように首に密着させ巻きつけて使用するタイプのネックレスです。プリンセスは約45〜50センチのもので、標準的なタイプのネックレスです。ドレスを着用したときに最も美しく映える長さなので、お出かけ用のブラウスやワンピースにぴったりです。マチネーは約56〜58センチのもので、ちょうど先端が胸の谷間にかかるくらいの長さです。カジュアルファッション以外にもシックな装いに相性が良いのが魅力です。オペラは約75〜90センチのもので、みぞおち辺りまで垂れ下がる長さなので、優雅な装いにぴったりのネックレスです。付属する装飾品によって呼び名が変わるものにペンダントやビブネックレスがあります。ペンダントはペンダントトップと呼ばれる装飾品がチェーンの先端についたものを指します。ペンダントトップのデザインによって印象が変わるのが特徴で、ペンダントトップを付け替えられるタイプもあります。ビブネックレスは赤ちゃんのよだれかけのように、胸元に装飾品が広がっているタイプを指します。胸元にボリュームを出すことができるので、パーティーシーンなどの華やかな場所にぴったりのアイテムです。

人気の理由

女の人

ネックレスはファッションのアクセントとして非常に重要な役割を持っています。ネックレスにも様々な形があり、シンプルで目立たないようなタイプのものから、大ぶりでコーディネートのアクセントとして役立つようなものまで多岐に渡ります。目立たないように見えるものでも、さりげないきらめきにより存在感はきちんとあり、さりげないセクシーさと可愛らしさを演出してくれることもあります。大ぶりのものは、シンプルなコーディネートにばっちり似合います。Tシャツにジーンズといったシンプルなコーディネートは、それだけだとややぼんやりした印象になりますが、アクセントとなるネックレスを加えるととたんに全体が引き締まって見えるものです。縦に視線を分断する効果があるので、細く見える効果もあります。また、指輪のように特別な意味がないため、様々なタイプを揃えてコーディネートやシーンに合わせて選び分けるという楽しみもあります。オフィスでも許されていることが多いので、さりげないものならば常に楽しむこともできます。殺伐としがちなビジネスのシーンにさりげない女らしさを加えることができます。また、ネックレスは男性がつけてもすてきなものです。アクセサリーが苦手な人でも、デザインを選べばつけやすいため、ペアのアクセサリーとしても人気があります。もちろん、女性同様ファッションのアクセントとしても優秀で、上手に使うとおしゃれ上級者として見てもらえます。